学園校友会基本理念

常翔学園校友会
会長 溝口 浩

会長


 2022年度理事会でご承認いただき、会長職を拝命しました溝口浩(大阪工業大学昭和56年建築学科卒)でございます。泉大津市在住で昨年泉州支部長を拝命しました。よろしくお願いします。
 本部では青年部発足に参加し、1998年度より役員として学園校友会の運営に参画してまいりました。青年部、総務部を経て2018年度より副会長(大阪工業大学校友会会長)を拝命し、様々な課題に向き合ってまいりました。
 さて、常翔学園校友会の特徴は全国に張り巡らされた62の地域支部と15の職域支部が存在する事で、地域に根差した連携が図れるという大きな強みがあります。しかしながら、地域在住の卒業生の激減、支部会員の高齢化による参加者数の減や支部役員の人材不足による支部存続の危機に瀕している状況にあるという共通課題が見られます。止むを得ないとはいえ、コロナ禍が大きく影響し、支部総会が開催できなくなる等、大きな影を落としています。
 本部としても、会議や理事会をZoomで開催したり、2年間開催中止となった総会・全国支部交歓会に変わり、YouTubeとZoomを駆使した「常翔校友の日2021」を開催致しました。支部の要望にお応えし、支部総会をオンラインでの開催も援助金の対象に拡大しています。「オンライン」はこれからの支部活動へのポイントになると思います。本部で経験を積んだノウハウを支部に提供することも、取り入れていきたいと考えています。
 コロナ禍での校友会活動の難しさを実感しながらも、代々の会長並びに前内山会長の校友会にかける想いを引き継ぎ、会員の皆様との連携を図りながら、次の世代へバトンタッチできる持続可能な校友会活動を目指し、粉骨砕身努力してまいります。皆様のご協力をよろしくお願い致します。

2022年5月
お問い合わせ先
常翔学園校友会事務局まで
電話:06-6955-6662(受付時間 9:00AM〜5:00PM土・日・祝日を除く)
FAX:06-6955-1412 E-mail:office@oitaa.com